サービス概要

各調査内容の説明

情報解析・動向調査

外国文献調査

外国文献調査

1.調査方法について

 弊社では外国文献(特許公報及び一般技術文献)を調査する場合、技術分野および調査目的に合わせて以下の方法をとっています。

(1)弊社の専門の技術者により調査

ThomsonInnovation、SRPARTNER、STN、Japio-GPG/FX、Orbit.com、Espacenetなどのデータベースを用います。

(2)海外の現地機関及び代理人に調査を依頼

特に海外代理人に依頼する場合、調査対象国や調査内容に合わせ、125ヶ国170ヶ所の連絡可能な事務所や調査機関の中から、
 @信頼できる民間の法律・特許事務所、調査会社
 A国際特許調査機関
へ直接依頼する方法により調査を行います。

2.国際特許調査機関との協力

スウェーデン特許庁
URL http://www.prv.se/prveng/front.htm
特徴 語学に強い審査官180名が特許調査サービスを行っています。 異議申立、無効審判、新規性調査に適しており、下記国々における調査を一括して行い、迅速にご報告申し上げます。
調査可能国 全世界
使用データベース WPI、EPODOC、Full-text English、BIOSIS、COMPENDEX、Medline等
報告形式 ●英語による直接回答
●調査範囲(調査機関・対象分類・対象国・文献種類)、検出文献の番号、分類、関連ページ、コメントを添付します。
納期および費用 納期:20日〜30日、費用:35万〜60万円

3.お問合せ

 お見積は無料で行っております。(外国調査の場合は、見積に少々お時間をいただきます。)
 調査内容をお電話にてお伝えいただくか、下記調査見積依頼フォームにご記入の上、Faxまたはメールにてお送りください。
 調査見積依頼フォームはこちら ===>

東京本社 大阪支社 名古屋支社
電話 03-3431-1110 06-6447-1255 052-684-5866
Fax 03-3431-1233 06-6447-1256 052-684-5899
全社共通アドレス office@wisel.co.jp